名前
件名
メッセージ
画像
メール
サイト
アイコン
文字色
パスワード
プレビューする(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

月山の宿

師匠

2018/04/20 (Fri) 12:33:23

 6月2-3日(土・日)で予定している月山ですが、以前泊ったことがある「ほていや」を予約できました。
 バス停前の一番駐車場寄りの宿です。
 宿泊代は6800円です。
 この時期、宿の予約が大変なので、参加希望者は早めにお申し込みください。
 それから6月2-3日は関口コーチのコブレッスンが行われるそうです。
 いつもの通り、自由行動の月山ですので希望者は申し込まれてはいかがでしょうか。

Re: 月山の宿

プチ爆

2018/04/20 (Fri) 19:45:53

おぉ!
師匠、有難う御座います。
取りあえず参加希望を表明します。

Re: 月山の宿

新潟スキー協 神田章

2018/04/21 (Sat) 10:18:44

師匠、宿の予約をありがとうございます!
お世話になります。
また後日に人数などをご連絡いたします。

Re: 月山の宿

師匠

2018/04/21 (Sat) 12:33:33

とりあえず12名(内女性4名)で予約しました。
 まだ5-6名は大丈夫とのことでしたが早めに申し込まないとこれ以上は予約できなくなると思いますのでお早めにお願いします。
 いまのところ申し込みは群馬のバクさんだけです。

4月15日たんばら、4月19日奥只見

プチ爆

2018/04/19 (Thu) 23:45:15

4月15日たんばら
15日は曇り時々雨のあいにくの(絶好の?)スキー日和。
にもかかわらず参加希望者8人が一人も欠けることなく8:30から14:30までびっしりと整地練習とコブ練。
千○さんの指導と飛び入りの「リュウちゃん(テク持ち)」の模範滑りで参加者の中にガラっと変身した人も・・・
この時期に滑ろうって人たちだから当然なんでしょうけどすごいファイトでしたね!
雪はこの時期にしては非常に少なくて、テククラ検定が終わったコブは半分底が見えてる状態。来週はトライアルは閉鎖かな。
ともかくみなさんおつかれさまでした。
というか・・・
このうち3人が19日に奥只見、ほかの3人が20日に丸沼って(笑い

19日奥只見
岡○さん、一○さん、プチ爆
雲一つない晴天、気温は高めで薄いカッパにTシャツ一枚でも汗だく。
でもさすがに雪は260センチと豊富でコブの底付きの心配はありません。
ただ、今日までJ-Powerスラローム大会というのがあって、山頂からAコース上部が一部閉鎖、さらにCコース下部のコブが全部つぶされてるという状態。コブ練のつもりで来たのに大丈夫かなと心配に(笑い
結局、A下部、B、Cコース全部滑ってみてCコース上部に良いコブがあるのを発見。さらにCコース下部に「自分達で作っちゃおう」ということで3人でゴリゴリ。
気温が高くて雪がやわらかいので2回繰り返したらそこそこ「それらしい」コブの赤ちゃんが誕生です。
ここでお昼を食べて休憩。
さてっとリフトに乗ってCコース下部へいったらそこにはちょっと手におえないくらい成長したラインコブが!滑ってる人は多くないんですけど全員が育ててくれちゃったみたいですね。
今日は岡○さんが技術的な指摘を的確にしてくれました。
肩腰の向き、かかとの引き付け、山側の手の位置、体のひねり、ストックリングなど。
一○さん「抽象的でなくて実体験からの言葉なので受け入れやすい」とか。
今日は一○さんの滑りがとんでもなくグレードアップしました。どんな急斜面にできたコブでも克服しそうな雰囲気をかんじました。
「今日はコブが楽しかった」「練習が苦痛でなくなった」
実際今日はコブ10本以上すべったし。
すえおそろしいです。
岡○さん、一○さんおつかれさまでした。またよろしく~

4月19日奥只見

岡〇

2018/04/20 (Fri) 15:29:08

奥只見お疲れさまでした。
雪がたっぷりある時期に行けてよかったです。

一ちゃんの滑りが変わった理由。
今まではズル➡ドンの時にドンの後、トップが下に落ちてこなくてドンで板が横を向いたままでした。この時上体も横を向いてしまっていました。
そこで、腰の向きから上体を強くひねる練習をして、山側のストックも谷足より前ぐらいに構えを変えたところ、ひねりが生まれその結果としてトップが下に落ちてくるようになり、次のズルズルの部分とつながった滑りになった事でターンが連続してつながったと思います。
それと、かかとをおしりに近づけた事により上体が前に運ばれトップから落ちていける感覚が気持ちよかった~~と、一ちゃんが話していたので今回の奥只見こぶ練習は大成功でしたね。
また練習にいきましょう。

Re: 4月15日たんばら、4月19日奥只見

プチ爆

2018/04/20 (Fri) 22:39:32

岡○さん、絶妙な解説ありがとうございます。
これからも技術解説よろしくおねがいします。

>また練習
ウンうん、みなさんさそいあって行きましょう。

月山2018

まる

2018/04/16 (Mon) 08:10:12

GW前にリフト間に合わせるようですね~良かった良かった♪K田さん日程を決めるに戻る(笑)

Re: 月山2018

新潟スキー協 神田章

2018/04/19 (Thu) 18:25:21

日程を決める段に戻っても宿がね~^^;

デモ選の映像

師匠

2018/04/19 (Thu) 10:14:44

 佐藤さんからデモ選1日目の映像が届きました。
 斜面の途中からの貴重な映像です。
 高得点を取った選手と点数が伸びなかった選手の技術の違いが明確に分かる映像です。
 何かの機会に映せたらと思いますが、映像はブルーレイなので専用デッキが必要です。

 佐藤さんからは代わりに池田杯の映像を下さいとのことでしたが、残念ながら私のカメラには記録がされていなかったため、ごめんなさいです。

月山の宿

師匠

2018/04/18 (Wed) 15:20:41

 今年は月山のリフトは動かないと決めつけてのんびりしていたら毎年泊めていただいていた月山リゾートインは6月2日は満室でした。5月もすでに満室とのことです。
 誰か宿を手配してくれる人募集です。

50周年記念ウエア

師匠

2018/04/17 (Tue) 12:44:56

 今日は50周年記念ウエアの申し込み締め切り日です。まだ申し込んでいない方は大至急私までご連絡ください。

技術部会

師匠

2018/04/15 (Sun) 17:43:18

 無事終了、更に洗練のパラレルターンが整理できました。
 それにしても今年は残雪が少ないですね。
 GWに滑れるところは限られてしまいそうです。
 そんな中で、月山のリフト運転開始が早まるという情報を得ました。
 予定通り実施できそうです。

教程改訂作業

師匠

2018/04/13 (Fri) 21:23:42

 明日から志賀で全国技術部会です。昨秋提案した教程改定案を各地で実践しての報告とまとめがおこなわれます。
 事前に送られてきた各地の感想を見ると、十分正確に技術が伝わり切れていない様子が伺えます。
 そこで今日まで3日間休日をとって、教程ビデオの編集に取り組んで只今何とか作業を終了することができました。
 完成まではまだまだですが、今年撮影した映像を挿入し大分分かりやすくできたのではと自負しています。
 完成版は、毎年のことながらクラブの人にはいち早く技術ミーティングで映したいと思っていますのでこうご期待ください。
 映像が一段落したのちは教程書の改訂作業も進めなければならないので、今年は忙しいオフシーズンになりそうです。

Re: 教程改訂作業

岡〇

2018/04/14 (Sat) 08:31:10

ご苦労様です。ほんとに頭が下がります。

月山スキー

新潟スキー協 神田章

2018/04/03 (Tue) 21:50:14

おばんでございます。
よろっと予約の時期かなと思いまして書き込みをば。

ちょいと早めで雪がたっぷりなはずの5/19.20か
かぐら最終日だしリフトも並ばないかもしれない5/26.27か
はたまた雪も少ない?しリフトも並ぶかもしれない6/2.3か

ちなみにちょいと調べたら恒例の月山スキーは近年
2017年は6/3.4
2016年は5/21.22
2013年は6/1.2
2012年は5/26.27

こんな日程でした。

月山スキー

まる

2018/04/04 (Wed) 07:09:47

東北B情報によると、月山のリフト壊れていて直るのは7月だそうですよ。

Re: 月山スキー

プチ爆

2018/04/04 (Wed) 22:12:54

ゲッ!!!
リフトのない月山って想像したくない\(゜ロ\)(/ロ゜)/

Re: 月山スキー

グッチ  Site

2018/04/04 (Wed) 22:26:43

月山朝日観光協会 HPより

2018年03月30日
月山スキー場開き 延期のお知らせ
4月8日(日)にオープン予定の「月山スキー場」ですが、
雪害によるリフト支柱の傾きが確認されたため、
開場が延期となりました。その為、リフト下駅の営業も延期となります。
楽しみにお待ち頂いておりますお客様方々には、大変ご迷惑をおかけしますが
ご理解とご協力をお願いします。

Re: 月山スキー

新潟スキー協 神田章

2018/04/05 (Thu) 21:29:41

まる姉たま情報ありがとうございます!

Re: 月山スキー

師匠

2018/04/05 (Thu) 21:57:18

イヤー、残念ですね。
 ただいま宿の予約の電話をしようかと思っていたところでした。
 やむをえず、今年は見送るしかなさそうですね。
 合算の代わりの企画って何が良いですかね。

月山スキー

まる

2018/04/05 (Thu) 23:11:00

もちろん、かぐらです。
5/18-20(金土日)で滋賀のNデモ、八方の達人Y田氏も一緒に滑ります!
もしくは横手ですかねー

Re: 月山スキー

師匠

2018/04/06 (Fri) 05:45:35

今年は横手雪少ないから神楽ですかね。奥只見は今年はどうなんですかね。

月山スキー

まる

2018/04/06 (Fri) 07:13:36

奥只見は、HPを見るとはまだ6日までしか営業予定になっていません。今月末決定予告ですね。例年雪があってもGW翌週までの営業でしたけど。
この際、八甲田とか…

Re: 月山スキー

新潟スキー協 神田章

2018/04/08 (Sun) 18:41:38

今年の月山スキーは中止と言う事と
代わりの企画が5/18.19.20のかぐらと言う事で
全会一致で可決ですかね^^

Re: 月山スキー

師匠

2018/04/10 (Tue) 17:31:22

神楽5月18~20日空けておきます。宿はどうしますか?

 8日のコブ講習

師匠

2018/04/06 (Fri) 14:54:18

 コブの滑り方の講習会の予定ですが、先週の八方尾根での講習でもそうでしたが、コブがうまく滑れない人の多くはプルークのスタンスで踏みかえて滑る傾向が見られます。
 これは言い換えるとパラレルターン技術が習得できていないからともいえます。
 そこで、八方でも少し行いましたが、まずは平らな斜面でパラレルターンの練習を行いたいと思います。
 パラレルターンといってもカービングではなく、横滑り主体のパラレルターンあ技術です。
 踏みかえて回る技術は外脚主体となりますが、二本のスキーをそろえて滑る技術内脚も使った技術です。
 特にコブを滑る場合は2本のスキーを1枚のスキーのようにして滑ることがポイントです。
 カービング技術では開脚で滑る練習をしてきていると思いますが、コブを滑る横滑り技術は閉脚が基本です。
 実はパラレルターンを練習するには緩やかなコブがあったほうが技術を習得しやすいのです。
 そういう意味で、コブを作る練習は最高に効果があります。
 切り替え時踏みかえているよと言われる方は、これを機会にパラレルターンのコブ滑りをマスターしてみてください。

Re:  8日のコブ講習

プチ爆

2018/04/09 (Mon) 00:20:09

師匠、参加のみなさん(コブ滑った人も滑らなかった人も)お疲れ様でした。
今日一日でものすごくうまくなった人いましたねぇ。
わたしもやっとコブ滑りの先が見えてきたかな?見えてないかな?えっ、たんばらの、誰にでも優しいコブが滑れたからって勘違いするな?(笑い
八方とたんばらのコブのメモ公開です。勘違い、間違い、独善、いろいろあると思いますが生暖かくみまもってください。

●八方コブ練
・横滑り(肩腰谷向きでストックで押してずり落ち)
・横滑り → 方向転換 → 横滑り → 方向転換(真下へ)
・直滑降 → 急停止(真下へ。ターンは不可)
・直滑降 → 急停止(左右連続。板の幅以上の後を残さない)
・狭い幅の中で小回り(谷回りを意識)
・小回り(谷回りで山側へ押し上げる)

・コブ練 ストックは「ドン」のあとから、コブ裏へ突く
 ストックリングを谷に構え、山側の手は板のトップ(後ろに引かない)

●「たんばら」コブのための整地練習
・ベンディング小回り 踏みかえない 上体起き上がってはだめ(足の伸び縮みは必要)
・ベンディング小回り(密脚、切り替えて前(下)に動く) 
・うんと低いベンディング(頭が天井につかないように)
            (切り替え後板を山側に押す動き)
            (体は真下へ+ニュートラルで足を縮め、外に伸ばす)
            (板は外向きで出て行ってから戻る)
            (コリドールの板の動き=外に出て戻る)
・斜面で静止状態から切り替え
     ストック支えに、両脚が最大伸びてエッジングの形
   → エッジを緩めず脚を縮め
   → 限界来たら前に出ながら一瞬で切り替え(両脚同時操作)
・ウェーブ 頂上にむかって縮脚→谷に向かって伸脚
      頂上で切り替え(縮んだ脚のまま爪先立ち)
      切り替えてから谷回りで山側へ伸脚(裏にトップを合わせる動き)

・コブ練 密脚
     肩腰を谷側へ
     ストック ストックリングを谷に、山側の手は板のトップ(後ろに引かない)
     谷に「ドン」してからコブ裏へストックリングを突く
     (ドンと突く一緒は不可=暴走の原因)
     足は曲げ伸ばし運動 上体は谷に向けたままで、上下動不可
     「ドン」の後しっかりエッジング(甘いと暴走)
     ストックワーク大切
     
・コブつくり(自分で掘ったコブなら滑れる理屈)
     腰を落とさない
     リング早く下に狙いをつける
     上体をあおらない 肩腰谷向きで板がひねりを作る → 解放
 コブ乗り越え→ 吸収→ ストック→ ドン→ しっかりエッジング→ 乗り越え
 コブのリズムに滑りを合わせる

Re:  8日のコブ講習

師匠

2018/04/09 (Mon) 09:13:39

バクさん早速の書き込みありがとうございます。昨日は11名の参加とこの時期にしては大勢の参加ありがとうございます。
 おかげさまで、ポール購入の返済が少しだけ早まりそうです。
 昨日は真冬を思わせる天候で、午前中はコブに入る前の基本技術の練習をフラットな緩斜面で練習させていただきましたが、午後にコブに入ってその成果が出た方が多かったので、結果的に成功だったのではと思います。
 しかし、2名の女性の方は午後はフリーとなってしまいましたが、結局横滑りをベースにしたパラレルターン技術ができないとコブは無理という結果になってしまったので、ぜひこの技術を習得できるよう頑張って戴きたいと思います。
 クラブの中でも女性会員でパラレルターンができないとすぐプルークのスタンスをとるケースを見かけますが、どんな時もパラレルスタンスを保って滑るよう心掛けて滑ることを心がけてください。